我が家も利用してます♪
千葉中央にパンケーキgram(グラム)がオープン!名物プレミアムパンケーキはふるしゅわな口溶けがお見事!

こんにちは、ひなた(@hinata_C_navi)です。

この日は子供達を保育園に送り出し、朝イチの予定を済ませたのちに向かったのは「cafe&pancake gram(グラム)」

いや~千葉に新しくオープンしたという情報を聞きつけて早1ヶ月…

パンケーキ食べたいっ!パンケーキ食べたいっ!と思いながらもなかなか時間が作れずでしたが、ようやく来ることができました~!

スポンサーリンク

京成千葉中央駅すぐ近くにcafe&pancake gram(グラム)がオープン!

千葉中央にパンケーキgram(グラム)がオープン!名物プレミアムパンケーキはふるしゅわな口溶けがお見事!

千葉中央駅から徒歩1分、駅近ビルの2階にお店を構えるcafe&pancake gram(グラム)。

オープンが11時ということで、用事を朝イチに入れて時間調整もバッチリ!

11時ジャストにお店の前に到着しました。

千葉中央にパンケーキgram(グラム)がオープン!名物プレミアムパンケーキはふるしゅわな口溶けがお見事!

狙うはもちろんこちら、1日3回限定となり、各時間20食限定となるプレミアムパンケーキ。

さすがにオープン同時に20食完売って事はないと思いますが、時間が決まっていることもあって確実に仕留めるためオープン直後に訪問したわけです。

やはり限定と言われるとどうしても食べたくなってしまうのよね。

千葉中央にパンケーキgram(グラム)がオープン!名物プレミアムパンケーキはふるしゅわな口溶けがお見事!

この日は平日、11時ジャストに入店したところすでに先客が1組。

すっげ~並んでたり入店待ちとかだったら…ということも一応考えてきましたが、んなこたぁなかったw

店内は広く、テーブル席も多いので余裕でした。

千葉中央にパンケーキgram(グラム)がオープン!名物プレミアムパンケーキはふるしゅわな口溶けがお見事!

入口を入ると目の前にレジカウンターがあるので一瞬前払いかと思いましたが、テーブルへ案内されてから注文をするスタイルでした。

まず案内されると同時に、プレミアムパンケーキの焼き上がり時間を伝えられます。

ということはもちろんプレミアムパンケーキは注文可能ということだよね!

じゃあそれで!と、席に座って5秒でオーダー。

 

まだメニューも見てないのにw

 

千葉中央にパンケーキgram(グラム)がオープン!名物プレミアムパンケーキはふるしゅわな口溶けがお見事!

ちなみにこのスピードで3番目ということで、整理券をもらいました。

先客が2人組だったので、その二人ともがプレミアムパンケーキを注文していたということだな!

これは期待が高まるぞ…!

…ですが、この後はしばらく来店がなかったので、開店直後に一気に3点のプレミアムパンケーキが売れたというだけでしたね^^;

千葉中央にパンケーキgram(グラム)がオープン!名物プレミアムパンケーキはふるしゅわな口溶けがお見事!

ということで注文後にメニューを確認。

表紙はもちろん、プレミアムパンケーキですね。

千葉中央にパンケーキgram(グラム)がオープン!名物プレミアムパンケーキはふるしゅわな口溶けがお見事!

12/1~2/29までの期間限定冬メニューとして

  • ちょこっとスノーマン
  • ストロベリーシャトー
  • チーズメルトブリュレ

と、かなりインスタ映えな可愛いメニューが揃ってます。

その他にも甘い系からおかず系のパンケーキがずらり。

千葉中央にパンケーキgram(グラム)がオープン!名物プレミアムパンケーキはふるしゅわな口溶けがお見事!

こちら、グラスムというgramオリジナルのスムージーも冬限定メニューになっていました。

スタバでいうフラペチーノってところですね。

千葉中央にパンケーキgram(グラム)がオープン!名物プレミアムパンケーキはふるしゅわな口溶けがお見事!

またgramにはテイクアウトメニューもあり、プレミアムパンケーキにチョコクリームかいちごクリームを挟んだひんやりプレミアムなる商品も。

なるほど、これは美味しそう!

千葉中央にパンケーキgram(グラム)がオープン!名物プレミアムパンケーキはふるしゅわな口溶けがお見事!

で、私のオーダーしたプレミアムパンケーキは果たして単品だったのか?ランチメニュー的なものはないのか…?

とメニューを見渡したところ、全てのメニューがランチセットにできるとの文言を発見。

プラス200円で

  • スープセット
  • ドリンクセット
  • サラダセット

にすることができ、スープは日替わりとのこと。

この日はクラムチャウダーだったので悩みましたが、パンケーキでお腹いっぱいになりそうだったのと、上着を忘れて寒すぎて一刻も早くホットドリンクが飲みたかったこともあり、ドリンクセットに。

千葉中央にパンケーキgram(グラム)がオープン!名物プレミアムパンケーキはふるしゅわな口溶けがお見事!

フリーwifiもあって便利ですな~!

スポンサーリンク

gram名物ふるしゅわ口溶けプレミアムパンケーキをついに実食!確かにシュワ~ととろける!

千葉中央にパンケーキgram(グラム)がオープン!名物プレミアムパンケーキはふるしゅわな口溶けがお見事!

待つこと数分にてまず提供されました、ドリンクセットのホットティー。

こちら、ストレート・レモン・ミルクから選べたので、レモンをチョイス。

ベーシックなアッサムティーかと思いますが、飲みやすい味わいです。

千葉中央にパンケーキgram(グラム)がオープン!名物プレミアムパンケーキはふるしゅわな口溶けがお見事!

その後また数分にて、念願のプレミアムパンケーキが登場。

おおー!これはなかなかのボリューム!

千葉中央にパンケーキgram(グラム)がオープン!名物プレミアムパンケーキはふるしゅわな口溶けがお見事!

メニュー写真通りのふんわりパンケーキが3段!!

ちゃんと高さを保っての登場です。

どのくらいかというと、お冷のグラスを軽く超える高さ、ですかね。

千葉中央にパンケーキgram(グラム)がオープン!名物プレミアムパンケーキはふるしゅわな口溶けがお見事!

では、メープルシロップをかけていただきます!

口に入れるとふわふわ、というよりは、フルフル?ふかふか?ほわほわ?

いや、しゅわしゅわだ。

厚みがありますがその口当たりは軽く、舌で潰すとシュワ~と溶けていく食感。

そして付け合わせのバターは少ししょっぱさも感じる仕上がりで、これがパンケーキとの相性抜群。

一番上のパンケーキには粉砂糖もかかっているので、意外とメープルシロップがなくても十分な甘さだったな…。

とはいえ、上からシロップをかけたのでもちろん一番上が一番シロップかかっちゃってるんですけどね。

千葉中央にパンケーキgram(グラム)がオープン!名物プレミアムパンケーキはふるしゅわな口溶けがお見事!

この厚み!

ナイフが焼き目にサクッと入り、ぎゅっと押し込んで切りますが、潰れない弾力性も持ち合わせています。

これはパンケーキというよりパン!なくらいの食べ応え!

ただ、中までしっかりみっちり詰まっているというわけでも無いので、1人前が3枚でも十分食べられる量です。

なんですが、パンケーキ自体にも甘みを感じるのと、厚みがあるのでどうしても一口が大きくなりがちで、それがすごく量を食べているように感じる部分はあります。

千葉中央にパンケーキgram(グラム)がオープン!名物プレミアムパンケーキはふるしゅわな口溶けがお見事!

下側のメイプルシロップが染み込んだ部分がまた美味しい。

そして生クリームの方はというと、7分だてくらいの柔らかいトロッとした仕上がりで、それなりに甘さがついていました。

とは言ってもしつこくはない感じで、クリームをつけていただくとケーキのような贅沢感を味わえてこれまたアリですね。

と、食べ終えたところで周りを見渡すと、結構お客さんが来ている!(そして全員女性)

時間も12時前くらいとなっていて、ランチのおかず系パンケーキが多数提供されているようで、店内には香ばしい良い匂いが漂っていました。

その匂いを嗅いだら、なんかしょっぱいものが食べたくなってしまい、これはスープセットにするべきだったかなぁ…なんて思いながらお店を後にしたのでした。

スポンサーリンク

まとめ

京成千葉中央駅近くに11月16日にオープンしたcafe&pancake gram(グラム)千葉中央店。

さすがにパンケーキブームも去ったのか行列などにはなっていなかったものの、12時近くなると平日でも店内は混みだしていました。

店内は居心地の良い雰囲気なので、カフェタイムともなると混雑が予想されます。

ただ、それでもgram名物のプレミアムパンケーキは、甘いもの好きならぜひとも食べておきたいメニューですね!

 

■■ブログ村への登録をはじめました■■

今回紹介したお出かけ情報、施設の情報がお役に立てましたら

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

こちらの「ブログ村」バナーをクリックいただけますと嬉しいです。

いただいたクリックを励みに、新たな店舗開拓・お出かけ場所探しに邁進させていただきます!

cafe&pancake gram 千葉中央店

千葉県千葉市中央区本千葉町6-3号 2階

【営業時間】
11:00~21:00
※不定休

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事