我が家も利用してます♪
椿森コムナはテント利用で冬でもあったか!アウトドア体験のできるキャンプ場のようなカフェスペース

こんにちは、ひなた(@hinata_C_navi)です。

天気の良い年末、久しぶりに来たくなったのでフラリと立ち寄ったのは千葉公園のすぐ向かいにある小さなアウトドアカフェスペース「椿森コムナ」

冬だし朝だし(10時前でした)人も居なかろう、と思い、ぎゅうぎゅうに詰まってパンクしそうになっている脳みそをすっきりリフレッシュしようと伺ってみました。
 

スポンサーリンク

千葉で話題のアウトドアカフェ椿森コムナはテントやツリーハウスにハンモックまである小さなキャンプ場

椿森コムナはテント利用で冬でもあったか!アウトドア体験のできるキャンプ場のようなカフェスペース

千葉都市モノレール千葉公園駅からモノレールの下を千葉駅方面へ進むこと徒歩3分。

モノレール通り沿いの住宅街に突如として現れる小さな森、それこそが椿森コムナです。

こちらの椿森コムナには駐車場がないので、車で来る際は近隣のコインパーキングを利用することになります。

椿森コムナはテント利用で冬でもあったか!アウトドア体験のできるキャンプ場のようなカフェスペース

椿森コムナへの入り口はこちらの小さな階段。

夢の世界への入り口みたいでなんだか幻想的な雰囲気さえ感じさせます。

椿森コムナはテント利用で冬でもあったか!アウトドア体験のできるキャンプ場のようなカフェスペース

一歩踏み込むとそこはまるで小さなキャンプ場。

ハンモックやテント、ツリーハウスがあり、キッチンカーが出店しているカフェスペースとなっています。

コムナは高台にあるのでモノレールがすぐ近くに!

ツリーハウスは中で飲食はできませんが、登って入ることは可能なので子供たちにとっては格好の遊び場となっています。

椿森コムナはテント利用で冬でもあったか!アウトドア体験のできるキャンプ場のようなカフェスペース

友水館という熱帯魚のお店(ペットショップ的な)が手がけた水槽も置いてありました。

友水館は桜木にある熱帯魚屋さんなんですが、我が家も熱帯魚を飼っているため行ったことがあります。

確かあそこって淡水魚専門だったような…。

ここ、椿森コムナにおいてある水槽は千葉県の里山の水辺を再現したということで、それはそれは見事なまでの地味な水槽(完全なる褒め言葉です)。

日本淡水魚の良さがこれでもかというほど詰まってますね。

椿森コムナはテント利用で冬でもあったか!アウトドア体験のできるキャンプ場のようなカフェスペース

カフェスペースには膝掛けやストーブも置かれ、冬でもあったか。

屋根もあるので(この秋の台風の時は外れちゃってましたが)雨でも大丈夫。

椿森コムナはテント利用で冬でもあったか!アウトドア体験のできるキャンプ場のようなカフェスペース

外にもテーブルと椅子があり、お天気の日はこちらの利用も清々しくておすすめ。

ちなみにこの日は子供を保育園に送ってそのまま来たので朝の10時前でしたが、すでにママさんグループと思われるお客さんがいました。

みなさん、こんな寒い日に朝から外で…

なんて人のこと言えないですけどね私もw

椿森コムナはテント利用で冬でもあったか!アウトドア体験のできるキャンプ場のようなカフェスペース

牛玖農園から新鮮野菜が直送されて、こちらで販売もしています。

この日は年内最後の入荷日でしたが、朝はまだ到着していなくてお米しか置いてありませんでした。

野菜があったら買っていこうと思ってたんだけど、残念。

椿森コムナはテント利用で冬でもあったか!アウトドア体験のできるキャンプ場のようなカフェスペース

椿森コムナにはキッチンカーが常設で出ていて、この他には日によって様々な屋台やワゴンが出店します。

ですがこのキッチンカーでもメニューの種類は十分豊富。

ハンバーガーをはじめ、タコライスやロコモコ、ホットドックなどがありランチタイムにはお客さんで賑わいます。

椿森コムナはテント利用で冬でもあったか!アウトドア体験のできるキャンプ場のようなカフェスペース

まだ朝だったのと、この後別のカフェに行くつもりだったので、ここではホットココアをオーダー。

たっぷりのクリームにチョコソースがかかってほっこり贅沢。

温かいココアが冷たいクリームをじわじわと溶かし、寒空の下でこの温かさが身にしみる〜。

清々しい青空に包まれ、キーンと冷えた冬の空気が脳みそをシャキーン!とすっきりさせてくれて、一気にリフレッシュ!

忙しい日々を忘れさせてくれる非日常的な空間です。

スポンサーリンク

椿森コムナはテント利用で冬でもあったか、大きなSPACOでキャンプみたいなほっこりカフェタイム

椿森コムナはテント利用で冬でもあったか!アウトドア体験のできるキャンプ場のようなカフェスペース

こちらの椿森コムナには大きなテント「SPACO(スパコ)」もあり、有料ではありますが利用することができます。

最大15人で利用できるので、大人数でのパーティーにもぴったり。

かと言って、二人とか少人数での利用もできるので、カップルでも気兼ねなく貸切できます。

椿森コムナはテント利用で冬でもあったか!アウトドア体験のできるキャンプ場のようなカフェスペース

こちらのスパコは、公式サイトで予約が可能となっています。

平日 500円/30分
土日祝 1000円/30分

料金は上記となりますが、実は完全予約制ではないということで、当日来て空いていたらその場で利用も可能だそう。

それなら、いつも思いつきで来てしまう我が家にぴったりw

ぜひ次回家族で来た時にテントが空いていたら使わせてもらいたいと思います。

椿森コムナはテント利用で冬でもあったか!アウトドア体験のできるキャンプ場のようなカフェスペース

テント内はかなり広い!

天井も高く、真ん中のテーブルを囲むようにクッションが置かれ、暖房器具もあります。

これなら冬でも寒くない〜♪

椿森コムナはテント利用で冬でもあったか!アウトドア体験のできるキャンプ場のようなカフェスペース

ストーブがまた可愛すぎるんだ。

床にはカーペットやマットが敷かれていてそれだけでもあったかい空間。

しかもライトでデコレーションされていて、グランピングみたいで気分も上がります。

椿森コムナはテント利用で冬でもあったか!アウトドア体験のできるキャンプ場のようなカフェスペース

テント内にソファーって、すごいな!

このテントの大きさを物語ってます。

いいなぁ〜このテントでゆっくりランチとかお茶しながらゆったりほっこり過ごしたいなあ〜!

椿森コムナはテント利用で冬でもあったか!アウトドア体験のできるキャンプ場のようなカフェスペース

テント内は風もこないからか、ストーブが付いていなくてもじんわりあたたかい。

お日様が出ていたこの日はテント内も少し温められて、とても快適な空間でした。

これが平日なら30分500円とか、十分納得の値段なんですけど!!

スポンサーリンク

まとめ

千葉公園近くの非日常的アウトドアカフェスペース「椿森コムナ」。

地域の共有スペースということで特に入場料とかはかからず、どなたでも入ることができるので、気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

やっぱり春や秋と比べると冬は少し空いている印象なので、静かに過ごすにもおすすめです。

 

■■ブログ村への登録をはじめました■■

今回紹介したお出かけ情報、施設の情報がお役に立てましたら

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

こちらの「ブログ村」バナーをクリックいただけますと嬉しいです。

いただいたクリックを励みに、新たな店舗開拓・お出かけ場所探しに邁進させていただきます!

椿森コムナ

千葉県千葉市中央椿森1丁目21−23

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事